リール

スコーピオンBFSのインプレ(評価)

投稿日:

シマノ スコーピオンBFSのインプレ(評価)を書きます。

渓流トラウトでの使用ですが、スコーピオンBFSのブレーキはアルデバランBFSと同じとあって申し分なしです。

しかし、ソルトベイトフィネスでの使用となるとアルデバランBFSよりもスコーピオンBFSはスプールのベアリングが一つ少ないので遠投した時に飛距離が伸びずに失速する感じがあります。

先に結論を書いてしまうと

渓流ベイトフィネスでは遠投が必要ないのでスコーピオンBFSは超おすすめです。

しかし、飛距離が必要な釣りをする場合はアルデバランBFSがおすすめです。
インプレはこちらをご覧ください⇒16アルデバランBFSのインプレと評価

さて、渓流でトラウトをベイトフィネスで狙う場合、とにかく飛距離が欲しいというシチュエーションはそんなにないと思います。だから、予算的に上位機種のアルデやカルコンBFSの購入が難しい場合はスコーピオンBFSで十分です。

シマノ スコーピオンBFSはXGというギア比が高いモデルがあります。渓流ではアップクロスにキャストする場面が多く巻取り量が多いハイギヤのXG(エキストラハイギヤ仕様)がのでノーマルギアよりもおすすめです。

スコーピオンBFSに比べてアルデBFSは軽くて更に遠投が可能です。スプールはほぼ一緒でスプール軸にベアリングが追加されてます。これによって飛距離が変わってきます。

カルカッタコンクエストBFSは重いですが巻き心地が最高です。そしてその剛性からくる感度で小さい魚の生命感がめちゃくちゃ手元に伝わってきます。詳細はこちら⇒カルカッタコンクエストBFS HGの感想(インプレ)

という事で渓流ベイトフィネスでトラウトを狙う場合、スコーピオンBFSとアルデバランBFSで悩んでる人は無理してアルデを買わなくても良いと思います。6,000~7,000円の価格差が大した事ない人は見た目のデザインだけで選んでも良いと思います。

渓流ベイトフィネスで他社のリールとの比較でスコーピオンBFSにするかどうか悩んでる人は、どうかスコーピオンBFSを選んで下さい。ダイワやアブガルシアのベイトフィネスリールよりも渓流では軽量ルアーがキャストしやすくキャスト後にラインが浮きずらいです。

ソルトベイトフィネスでダイワのアルファスエアやアブガルシアのRevo ALC-BF7で悩んでる場合は・・・性能というよりもデザインで好きなの選べば良いと思いますが、個人的には過去にアルファスエアよりも上位機種のT3Airを使っていたのと現在、アブガルシアのRevo ALC-BF7を所有して中・本流で使用していますがスコーピオンBFSがイチオシとなります。だけど、やはりソルトベイトフィネスの場合はもうちょっとがんばってアルデバランBFSを買った方が幸せになれると思います。

送料無料でこの値段(何と35%以上割引)は安いと思います。
↓ ↓ ↓ ↓

-リール

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2018 All Rights Reserved.