渓流ベイトフィネス

渓流ベイトフィネスのリーダーの長さ

投稿日:

ナイロンラインを使っている場合はお好みでPEラインの場合はリーダーが必須になります。

私はナイロンライン使用時にもフロロカーボンのリーダーを付ける派です。

カラーラインを多用していますが、そのカラーが魚に見えるとかヒットしなくなるとかそういった理由ではなくて、ナイロンよりも根ズレに強いフロロカーボンを使いたいからというのが理由になります。

ナイロンラインとリーダーの接続方法はトリプルサージェンスノットで簡単なものを使っていますが、これで50オーバーのブラウントラウトでもリーダーの接続部が切れたりする事はありませんでした。

PEラインは必ずリーダーを組むようにしましょう。

イワナやヤマメクラスの魚を釣るなら3.5ノットがおすすめになります。

結束強度は70%と高くないですが、尺以下の魚なら特に問題ありません。

リーダーの長さですがロッドの先端からリールに巻き込まない程度で良いと思います。

50センチ以上の大物を狙う場合にはシステムスティック等を使ってFGノットを組むのがおすすめになります。

 

次の話はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
渓流ベイトフィネスのまとめ

 

-渓流ベイトフィネス

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2018 All Rights Reserved.