渓流ベイトフィネス

渓流ベイトフィネスのライン

投稿日:

渓流ベイトフィネスのラインですが主流なのはナイロンとPEです。渓流でフロロカーボンラインを使ってる人は少数派でしょう。

エステルラインもありますが試した事がありません。

ナイロンラインは3~6lb

PEラインは0.3号~0.8号

これくらいの太さを利用している人が多いと思います。

ラインの太さは釣れるフィールドのスレ具合や魚の大きさ、根がかかりを考慮してフックを曲げて回収出来る太さなどから判断すればいいと思いますが、ナイロンなら4~5ポンド、PEなら0.6号くらいを使用すれば問題ないと思います

私個人はPEラインが好きでずっと山豊のレジンシェラー(オレンジ)を愛用しています。

ハリがとても強いPEラインなのでバックラッシュをしても解きやすいです。

また、ベイトリールは太いラインを巻くことが可能です。スピニングでナイロンの8ポンドラインを使用したい場合にはリールの番手が大きくなりますし、ゴワゴワするのでドバっとラインがまとまって出てしまったりとトラブルになりやすいですが、ベイトリールの場合はナイロンの8ポンドラインを巻いてもトラブルは起こりません。特に北海道の方におすすめです。

私は北海道で釣れる魚が大きいので1.0号のPEラインに10ポンドのフロロカーボンリーダーを使う場合が多いです。

70センチオーバーのブラウントラウトを狙う場合には1.5号~2.5号のPEラインでリーダーが20~30ポンドを使用しています。この時のロッドは渓流ベイトフィネスというよりも渓流ベイトと言った方が相応しいFishmanのBRIST5.10LH or MXHです。

ちなみにスピニング時代にPEラインを試してみて、その圧倒的なバレやすさからすぐにPEラインを使うのを止めた経験があります。

伸びが無さすぎるのと、魚が手前に走って来た時にPEラインが一瞬でハリをなくして弛んでしまうので何回もバラしてましたw

グラスソリッドの旧ビームスULを使うようになってPEラインを再度試してみたのですが、グラソリッドで収束が早いのでPEラインが弛むのにも追従してくれて何も違和感なくPEラインが使えるようになりました。ナイロン+グラソリッドだとダル過ぎて何をやってるのかわからなくてPEにしたというのもあります。

ちなみにFishman Beams sierra5.2ULはフルカーボンなのですが、旧モデルのグラソリッドの曲がりをカーボンで再現してしまいました。収束も早いのでPEラインを使用しても弛んでバレる心配とか特にありません。

結局、渓流ベイトフィネスのラインですが、ロッドや使用者の相性があるので、まずはナイロンそして次にPEラインも試してみるのがおすすめになります。

個人的には圧倒的にPEラインがおすすめで、それはナイロンラインよりもPEラインの方が圧倒的に伸びないので魚の感触をダイレクトに感じる事が可能です。リーダーとノットを組む必要があったりするので初心者の方はナイロンから初めてみましょう。

ちなみにPEの利点として長持ちするというのもあります。

私は150メーターのPEラインを50メーター毎に使っていますが、1シーズンで2回のライン交換だけで済みます。

ナイロンラインは1ヶ月程度でけっこう劣化してしまい三ヶ月も経つと強度がかなり落ちるので注意してください。最長でも1ヶ月半、二ヶ月以上使ってるナイロンラインで大物が来たら悲しい結末を迎えてしまう可能性が高くなります。
 
次の話はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
渓流ベイトフィネスリールの糸巻き量

 

-渓流ベイトフィネス

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2018 All Rights Reserved.