ミノー

DUOリュウキ45S・50Sのインプレ

更新日:

DUOスピアヘッドリュウキ45S・50Sのインプレを書きたいと思います。

以下は個人的な私見になります。

まずリュウキ45S&50Sの最大の特徴はヘビーシンキングミノーで価格が安い!これだと思います。

ヘビーシンキングミノーと言えばスミスのDコンタクトが超有名ですが、だいたい1500円とかします。それがDUOスピアヘッドリュウキ45S・50Sなら1000円ちょいで購入が可能です。つまりDコンタクト2つ買えるお金でリュウキなら3つ買う事が出来ちゃいます。

そして普通に釣れるミノーになります。

だから、渓流初心者の方に超おおすめのミノーです。

それは、渓流に行き始めたばかりだと思った所にキャストができずに木や枝に引っ掛けたりボトムに引っ掛けてロスト(なくす)してしまう事が多いからです。

だからまずは安くて釣れるDUOスピアヘッドリュウキを使って練習するのがおすすめになります。(更に安いスプーンもおすすめです)

思った所にキャストが出来るようになったらDコンタクトやアレキサンドラ、リッジフラット等、他のルアーメーカーのちょっと高いミノーにもチャレンジしていったらいいと思います。

初心者におすすめと書きましたが、性能が平均的に高いので常に私のボックスの中にリュウキは入ってます。59センチのニジマス、50センチオーバーのブラウントラウトをかなりたくさん、イワナ・アメマスやヤマメも釣れるミノーです。

個人的なリュウキのおすすめの使い方は最後に書きたいと思います。

DUOリュウキ45S・50Sのアクション

平打ち系アクションになります。

トゥイッチする事によってキラキラと短い距離で平打ちをしてくれます。

高いフラッシング効果でイワナやヤマメにアピールします。

DUOリュウキ45S・50Sのカラー

2017年では22色のカラーが販売されています。

カラーは廃盤や新色が追加されたりと毎年変わる印象です。

定番色はアカキン、クロキンになると思います。

個人的に好きなカラーはライムチャートヤマメOBでブラウントラウトやイワナをこのカラーでたくさん釣っています。

また、雪代濁りにはピンク系のピンクヤマメ、普通の濁りにはフルチャートヤマメなどおすすめです。濁りには赤金や黒金も定番になります。とりあえず濁ったらド派手なカラーで魚にミノーを見つけて貰う事を優先した方がいいでしょう。

またカラーは三色くらい持っていた方がいいです。

プールでナチュラルカラーを通しても何も反応しない場合でもチャートカラーに変えた途端に一撃でヒットするとかちょいちょいあります。

なので、プールなど魚が貯まっていると思われるポイントではカラーチェンジをしてみるのがおすすめです。フラッシング系とチャート系そしてパール系の最低でも3色を持つことをおすすめします。

また、川によってヒットカラーが変わる事もあります。

とある川では妙に赤金がヒットするとかパール系がヒットするとか普通にあります。

ぜひいろいろと試してみてください。

そうそう、DUOのリュウキはアワビを纏ったカラーが販売されていた事があって、一瞬反応したけど口を使わなかった魚に対してアワビカラーに変えたらヒットしたっていう事が何度かあるので、もしも見かけたら購入をおすすめします。私はデッドストックを何個か持ってるくらいですw

DUOリュウキ45Sと50Sの使い分け

DUOリュウキ45Sと50Sの使い分けですが、個人的には単純に水深と狙う魚のサイズで使い分けてます。

DUOリュウキ45Sが4.0グラムでDUOリュウキ50Sが4.5グラムとなっています。

ブラウントラウトを狙う場合は40センチオーバーがアベレージサイズとなるので50Sを基本に使っていて、ニジマスを狙う場合はフックサイズを大きくしたいので50S、イワナやヤマメを狙う場合は魚のサイズが小さい場合が多いので45Sを多用しています。但し水深があるポイントでボトムを攻めたい場合には50Sを使っています。

DUOリュウキ45S・50Sのおすすめの使い方

DUOリュウキ45S・50Sは普通にトゥイッチしてるだけでも釣れるミノーですが、おすすめの使い方はボトム狙いになります。
※根掛かりには注意してください。

短い距離でたくさん平打ちしてくれるのがリュウキの特徴となりますが、それをボトムでやります。

イワナとブラウントラウトの話になりますが、低水温期や活性の低い時、スレて中々口を使わない時などに効果があって、ある程度の水深があるポイントで先行してる同行者が釣れなかった魚を釣る事ができる場合があります。

ポイントはボトムでなるべくスローだけど激しく平打ちさせる事です。

ボトムでシェイクするようなイメージになります。

リュウキがなるべく手前には来ないように移動距離は少なく、だけど平打ちの回数を多くさせると中々口を使わないイワナやブラウントラウトもヒットする事があります。

これをFishmanのBeamsSierra5.2ULでやろうとした場合にティップを揺するだけでやろうとするとミノーが動かない事があるのでベリーからバットにかけて揺するようにアクションさせるのがコツとなります。(この辺についてはまた別に記事を書きたいと思っています)

以上、DUOリュウキ45S・50Sのインプレとなります。

通販でDUOのリュウキを買うなら送料がメール便で160円の米源釣具店さんがおすすめです。

米源釣具店 楽天市場店

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ミノー

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2017 AllRights Reserved.