タックル関係

フィッシュマン ビームスブランシエラ5.2ULのインプレ

投稿日:

フィッシュマン ビームスブランシエラ5.2UL(Beams blancsierra5.2UL)のインプレを友達がFBに書いてくれていたので許可を得て転載致します。

友達が所有しているのは実際には旧バージョンのロッドなのですが名前だけの変更なのでビームスブランシエラ5.2ULとして紹介させて頂きます。

 

~ここから~

家の近所を流れる里川があります。

学生の頃からずーっと私を裏切らずにいてくれる貴重な釣り場のひとつです(笑)。
魚が多いので癒されるのには最適の流れ。

今日は癒しを求めて、久しぶりにこの大好きな里川へ。
今回もほんの少しキャストすれば直ぐに釣れてくれる予定だったのですが、
人が入って間もないのか、それとも活性が低いのか…。
教科書通りの場所からは魚の反応が皆無というとっても厳しい状況。

私はアップストリームで流速よりも速いスピードでルアーに突進してくるサカナがたまらなく好きなんですが(笑)、そんなサカナは居るはずもなく…。
苦手とするカバー撃ちに狙いを絞り、先行者が撃って無さげなスポットを出来るだけ丁寧に探ってみました。

苦手ですよ。カバー。
そもそも、
ハリがむき出しのルアーをカバー周りにキャストするんだよ??
普通に考えたらオフセットフックのワームをキャストしなきゃダメでしょ(笑)!
枝に絡めてさ、フロロの20ポンドでさ…。

しかも、私のように普段あまり釣りに行けない状況のアングラーだとキャストが大変だと思いますしね。
開けた場所でのキャストで精一杯。
カバーなんて無理無理!
ルアー引っ掛けちゃうもん。
久しぶりに癒されるための釣りで、ストレスが溜まってたら本末転倒だよね…。

私は、以前までは
「キャストは練習が全て」だと思っていたんですよ。
タックルの性能は練習で補えると。
それまでの自分には釣りをガンガン楽しむ時間の余裕もありましたし、実釣以外においても釣りの為の練習が大好きでして(笑)。
練習量は誰にも負けない意味不明な自信もあった訳です。
「ピアノは練習を1日休むとそれを取り戻すのに3日かかる」
って聞いたことありませんか(笑)??
以前の自分はそれそのものでしたね。釣りにもそれは当てはまるんだと勝手に解釈していましたよ。
とにかく練習していましたし、練習が好きでした。練習をし過ぎてリールのメインギアを何度交換したことか…。

それが、
そんな釣りバカの私が。
結婚して、家族が増え…。
当たり前ですがなかなかそれまでの様にはならなくなり、
しまいには釣りそのものをする時間も無くなり(笑)…。

今に至るわけでありますね。

釣りが大好きだけど、
私と似たような状況にある方たちって内容は違えど結構たくさんおられるのではないかと思います。

そんなアングラーさん、
ことに渓流の方達にはフィッシュマンのブランシエラがオススメですよ。
だって、投げやす過ぎるんですもの。
人間の感覚って、
身体が記憶していると思うんですけど、期間が開けば開くほどにその記憶が薄れてきてその感覚を取り戻すのに時間がかかったりしますよね。
キャストもまた然りだと思います!
ブランシエラは、その感覚を取り戻すのがとってもラクというか…。
グニャんとティップが入ってデコピンみたいにキャストするあの感じ、
他のロッドではなかなか味わえないと思いますねー。
しかも、私みたいなウンコアングラーでもそれなりに狙ったスポットにキャスト出来るんですよ!
何投かに一投ですけどね(笑)、
気持ち良いキャストが出来るんですよ。

あ、そうそう、
私がブランシエラに出会った経緯ですけど

フィッシュマンのスタッフである小川さんと渓流をご一緒させていただいた際に、確かリリースされて間もなかったBeams blancsierra5.2ULを少し振らせてもらったら…。

目からウロコが(笑)。

投げやす過ぎ!

善は急げって事で
その夜にタックルベリーに行き、それまで使っていたロッド(◯◯◯◯ の◯◯◯◯◯◯◯◯!贅沢してたのよ…)を売り、
ビームスブランシエラを予約(笑)!

そのくらい衝撃だったんですよ。

とにかくキャストが楽しくて。

もうね、大好き!
ほんと、このサオ大好き!

見た目以外は。

もう一度言います。

見た目以外はね。

グリップがどうしても気に入らなくって、自分で改造しちゃいました(笑)。
ブランシエラって、グリップのデザインが渓流ロッドらしくないでしょ。
自分はコンクエスト51をのっけてるんだけど、ちょっと丸型リールが浮いて見えるのよね…。
いや、自分だけかな??
今まで他メーカーの渓流ロッドをずーっと使ってきたから慣れないだけなのかな。
ま、とにかく、
たまにしか行かない釣りだもの、
見た目も気に入ったもので楽しく過ごしたいよね??

てな事で、ブランシエラ おススメっす??

長々とすみませーん。
それじゃ。

 

~ここまで~

フェイスブックでいきなりこんな感じでフィッシュマン ビームスブランシエラ5.2ULの事を書いてくれてビックリしました。

独自のスタイルでトラウトフィッシングを楽しんでいる彼とは一緒に釣りに行きたくても中々時間が合わず、数える程度しか一緒に釣りは出来てないのですが、渓流釣りが終わって二人で車まで戻る途中でちょっとblancsierra5.2UL投げて貰っただけなのに、いつの間にか買っていたのを今でも覚えてます。だって、上記にも書いてある通り、「タックルの性能は練習で補える」ってこの時かその後で言ってましたから(笑)

彼は散々「ビームスなんて必要ないわ」って言ってたらしいです。
(さすがに私には言ってきませんでしたが笑)

私もスピニングを使っていた頃は「ベイトなんて必要ないわ」と言ってました(笑)

基本的に渓流ルアーフィッシングのロッドは、スピニングでもベイトでもどこのメーカーでも自分が好きな物を使えばいいと思ってます。

その中でフィッシュマン ビームスブランシエラ5.2ULを選んで頂けたなら凄く嬉しいです。

ただ、フィッシュマン ビームスブランシエラ5.2UL(Beams blancsierra5.2UL)のキャスト性能(ピン撃ち、低弾道ライナー)はかなりの自信があります。

もしも、気になって頂けたなら店頭で触ってみたり知り合いに持っている人がいたらキャストさせて貰ってみたりしてみてください。

しっかりとテイクバックでロッドティップを曲げて、その反発力で投げれる人なら驚くと思います。

私自身のインプレはこちら

The following two tabs change content below.
小川 義行

小川 義行

ベイトロッド専門メーカー Fishmanスタッフ&テスター 1978年生まれ 出身地:埼玉県 北海道在住 主に渓流ベイトフィネスでBeams blancsierra5.2ul、中・本流でBeamsLOWER7.3Lを使いトラウトを追いかけてます。 詳細はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

渓流ベイトフィネスの世界へようこそ 渓流ベイトなんて必要ねーよw そんな風に思ってた時期もありましたw スピニングのキャストに結構自信があってそんな風に思っていた私が酔っ払った勢いでFishmanのB ...

2

渓流ベイトのメリットはよく言われている事ですがアキュラシーと手返しだと思います。 スピニングよりも圧倒的なアキュラシーによって渓流を攻める事が可能になります。 スピニングタックルのデメリットについては ...

3

Fishman Beams sierra 5.2UL(ビームスシエラ)のインプレを書きたいと思います。 ※Beams sierra 5.2ULはBeams blancsierra5.2UL(ビームス ...

-タックル関係

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2018 AllRights Reserved.