テクニック

渓流ベイトフィネスリールのサミングのコツ

投稿日:

渓流ベイトフィネスリールのサミングのコツを書きたいと思います。

サミングとはキャスト時に回転しているスプールを親指で触って回転を弱めたり止めたりする方法になります。

 

前回の記事でブレーキ設定方法を書きましたが

初期バックラ

つまり

渓流ベイトフィネスでキャストと同時に起こるようなバックラッシュはブレーキ設定が正しくないかキャスト方法が間違っています。

その場合はまずは渓流ベイトフィネスのブレーキ設定方法とキャスティングをぜひ御覧ください。

渓流ベイトフィネスリールのブレーキ設定

渓流ベイトフィネスのキャスティング

 

ベイトリールのサミングの方法を3つ紹介します。

 

まずは一番簡単で基本的な着水サミングです。

着水と同時に親指でスプールの回転を止める。

ただこれだけです。

着水でバックラッシュしてしまう場合にはちゃんとサミングをしてスプールの回転を止めるようにしましょう。

更にもう一歩踏み込むと、着水直前で軽くスプールに触れながらルアーのスピードを落としていき静かに着水させるという方法もあります。

 

次にキャスト中のサミングになります。

バックラッシュする直前にスプールからラインが浮いてくるのですが、浮いてきたラインだけ親指の腹で触るようにすれば大きなバックラッシュが起こりづらくなります。

(スプールには触れていません)

クラッチに親指を乗せながらスプールのラインに直接触らずに少し隙間をあけて親指を置いておけば膨らんできたラインを触る事が可能になります。

ラインが膨らんで来ても親指の腹に当たるとブレーキがかかってバックラッシュせずにラインの膨らみがおさまればそのままバックラッシュせずに飛んでいきます。

 

最後に距離感を合わせるサミングになります。

渓流ベイトフィネスで低空の弾丸ライナーでキャストをした後にそのまま何もしないとボサに突っ込んだり石にルアーをぶつけたりする場合があります。

最初から距離感ピッタリでキャストすれば問題ありませんが、低空の弾丸ライナーで投げてポイント付近でスプールに軽く触れてブレーキをかけてルアースピードを落としていけばオーバーハングの奥の狙った場所に思い通りに入れる事も可能になります。

つまり、ふんわり浮き気味のキャストで距離感ピッタリで着水だけサミングをしてピンに入れるか、バビューンとライナーで投げて最後にサミングで距離を合わせるのかの違いになります。オーバーハングの奥へキャストしたい場合には強めのライナーで投げてサミングをいれながら着水させた方がより奥へ入れる事が可能になります。

サミングは渓流ベイトフィネスに限らずベイトリールを扱う上でとても基本的なテクニックとなります。

スピニングリールでいうフェザーリングはベイトリールの場合、サミングと呼ばれるのですが構造上とても簡単なので渓流でベイトを使うならぜひサミングにもチャレンジしてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-テクニック

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2017 AllRights Reserved.