タックル関係

渓流にカラーラインがおすすめな理由

投稿日:

渓流のルアーフィッシングにカラーラインがおすすめな理由

それは

カラーラインを見ながらトレースコースの調整が出来るから

になります。

前回PEラインをおすすめしましたがオレンジやイエロー等の目立つカラーがおすすめです。

ラインに色が付いていれば、アップクロスで、このコースを通したいとか、あの石の前でU字ターンをさせたいとかスイングさせながらあの倒木をかすめたい等の調整がとてもやりやすいです。半透明や地味な色のラインよりも数倍やりやすいと思います。

 

半透明なラインで渓流へ釣りに行った事もあるのですが、気がつくとあらぬ方向からルアー(ミノー・スプーン)が帰ってくる事が何度もありました(笑)

派手なカラーのルアーを使えば見えるから大丈夫なんじゃない?って思う人もいるかもしれませんが、渓流ではラインが流されるのでルアーだけを見てると思った所を通せない場合があります。またラインに色が付いていれば、ナチュラルカラーで視認が難しいカラーでもメインラインの先のリーダー何10センチ先にルアーがあるとイメージすれば思ったコースを通す事が可能です。

 

そして、キャストした時にルアーが飛んでついて行くラインの軌道もカラーラインの方が見やすくコントロールがしやすいです。枝と枝の間をルアーとラインも綺麗に通すキャストを覚えるにはカラーラインの方が習得しやすいと思います。これはナイロンラインでも同様です。

ちなみに、湖やダムなどの止水域の場合はカラーラインの必要はないと思います。

 

カラーラインだと魚に見切られるのではないか?

そんな風に不安になる人もいるかもしれませんが

個人的には渓流でカラーラインに根ズレ対策でリーダーを使っています。ナイロンでもPEでもリーダーを使っているのでルアーから30センチ以上はフロロカーボンになり、半透明のリーダーになるのでメインラインがカラーラインだから魚がチェイスやバイトを止めたというのは感じたことがありません。

また、渓流でカラーラインの直結でも問題ないという人がいます。

後ろからチェイスしてきた場合は動いてるルアーの先にラインがあり死角になっているので色がついたラインでも問題なくトラウトは食って来ます。

ラインの色で魚が警戒する事を心配するよりも、ここぞというコースをちゃんと通した方が釣果はあがると思います。

トレースコースについてはまた別に書きたいと思います。

The following two tabs change content below.
小川 義行

小川 義行

ベイトロッド専門メーカー Fishmanスタッフ&テスター 1978年生まれ 出身地:埼玉県 北海道在住 主に渓流ベイトフィネスでBeams blancsierra5.2ul、中・本流でBeamsLOWER7.3Lを使いトラウトを追いかけてます。 詳細はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

渓流ベイトフィネスの世界へようこそ 渓流ベイトなんて必要ねーよw そんな風に思ってた時期もありましたw スピニングのキャストに結構自信があってそんな風に思っていた私が酔っ払った勢いでFishmanのB ...

2

渓流ベイトのメリットはよく言われている事ですがアキュラシーと手返しだと思います。 スピニングよりも圧倒的なアキュラシーによって渓流を攻める事が可能になります。 スピニングタックルのデメリットについては ...

3

Fishman Beams sierra 5.2UL(ビームスシエラ)のインプレを書きたいと思います。 ※Beams sierra 5.2ULはBeams blancsierra5.2UL(ビームス ...

-タックル関係

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2018 AllRights Reserved.