タックル関係

渓流ベイトフィネスのラインシステム

更新日:

渓流ベイトフィネスのラインシステムですが

  1. ナイロンラインにフロロカーボンリーダー
  2. PEラインにフロロカーボンリーダー
  3. PEラインにナイロンリーダー

システムを組むとなると基本的に、この3種類になると思います。
エステルラインもありますが渓流ではほとんど聞いた事がありません。

ナイロン + フロロの場合はサージェンスノットで簡単にラインシステムを組むことが可能です。

PEライン + フロロ or ナイロンもイワナやヤマメを狙うなら3.5ノットがおすすめで良いと思います。(3.5ノットはトリプルサージェンスノットで一回多くPEラインだけ輪の中を通すノットです)

しかし、ニジマスやブラウントラウトを狙う場合はラインの性能を最大限に引き出す為にもFGノットがおすすめです。

そして、イワナ・ヤマメも自己更新記録サイズを狙うなら、不意の大物のヒットに後悔したくないなら接続強度がより強いFGノットをおすすめします。

メインラインの長さ

メインラインの長さですが

イワナ・ヤマメは30メーター

ニジマス・ブラウントラウトは50メーター

これを基本として良いと思います。

※下巻きは必要ありません。

ニジマスについては引きが強烈なので狙うサイズによってもっと長くしたりしてください。

何故メインラインは30~50メーター程になるのかと言うと、スプール重量が軽いほうが軽量ルアーを遠くに投げやすいからです。

細く糸巻き量が少ない程、軽いルアーを投げやすいです。

メインラインの太さ

メインラインの太さですが

イワナ・ヤマメはPEライン0.4~0.8号、ナイロンライン4~6ポンド

ニジマス・ブラウントラウトはPEライン0.6~1.5号、ナイロンライン5~8ポンド

くらいが目安でおすすめになります。

ラインが細い程、キャストフィールが上がり距離も伸び、水流による抵抗が減りますが、渓流は石や木そして草や枝等があるのであまりに細いと簡単に擦れて切れるのでおすすめではありません。細くても0.4号くらいまでかなと思っています。

リーダーの長さ

リーダーの長さですが少なくても狙ってる魚のサイズ以上の長さを取るようにしましょう。

それは魚のヒレや固いところに擦れてもラインブレイクしないようにする為です。

私はだいたいトップガイドからリールのレベルワインダーに入らないくらい迄の距離をリーダーに取っています。

リーダーに傷が入ればすぐに切って短くしていき、50センチ程度まで短くなったら交換をしてラインシステムを組み直してます。(メインライン付近でリーダーに傷が入れば当然すぐに交換します)

また、北海道で大きいアメマスがヒットするとローリングで体にラインを巻きつけられる事がありますが、リーダーが短くてメインラインまで到達するとアメマスのエラ等でメインラインがスパッと切れる可能性があるのである程度リーダーの長さを取るようにしましょう。

リーダーの太さ

リーダーの太さですが、メインラインよりも同程度のポンド数か1~2ポンド上くらいまでを上限として、イワナ・ヤマメなら4~6ポンド、ニジマス・ブラウントラウトなら6~10ポンド程度の太さで良いと思います。
※あくまで参考です。大物を狙う場合は14、20、30ポンドまで私は使用します。

ラインシステムでメインラインとリーダーが同程度の太さの場合には根掛かりした時にスナップの結び目等から切れてくれます。しかしリーダーを太く強くしすぎるとメインラインとリーダーとの接続部で切れてしまうのでおすすめできません。

同程度の太さ、もしくはちょっと上回るくらいなら接続部よりもスナップとの結び目の方が弱いのでそこから切れてくれます。

メインラインはナイロンかPEか

渓流ベイトフィネスのラインシステムにおいて、メインラインがナイロンかPEかで意見が別れると思いますが・・・

ナイロンとPEどっちも使ってみて比較してみた結果、私がおすすめなのはPEラインにフロロカーボンリーダーとなります。

PEラインラインのメリットは

  1. キャストフィール
  2. 飛距離
  3. 水の流れに影響を受けにくい
  4. 感度が抜群
  5. ラインの寿命が長い
  6. ルアーアクションが付けやすい

デメリットは

  1. 慣れやロッドとの相性でバレやすい
  2. FGノットの場合はラインシステムを組むのに手間がかかる
  3. 風の影響を受けやすい
  4. 根ズレに弱い

こんな感じになると思います。

 

私はキャストフィールを重要視するのでPEラインを好んで使っています。

感度ですが

『渓流に感度なんていらないだろ』

と言う人もいると思いますが、カルカッタコンクエスト101HGやBFSを使用してイワナを狙う場合には小さい魚でもヒット後にダイレクトに生命感を感じる事が出来て楽しいので、その場合は私は感度も求めます。

ルアーアクションも、もはやPEラインに慣れてしまったのでナイロンでやると上手く動かせてない気がするというか何をやっているのかわかりずらいのであまり使用しません。

PEラインは魚がバレやすく感じる人もいると思いますが、それはロッドとの相性が悪いのかもしれません。私もスピニング時代にPEラインを試してみてバラシまくったので、こんなもん二度と使うもんかと思った事があります(笑)

また、ナイロンは劣化します。

一ヶ月半も経って引っ張ってみると元々の強度が全然ないのが簡単にわかるくらい劣化してます。

20センチ前後の魚ならそれでも問題ありませんが、40後半とかのサイズがくるとブチっと切れる場合があるので注意してください。

一方でPEラインなら毛羽立ち具合からラインの劣化具合がわかるので交換時期も判断しやすいです。

ナイロンラインは一個単価が安いですが、交換頻度が多くなるのでPEラインに比べるとトータルコストが高くなります。

私は山豊のレジンシェラーPEを愛用していますが、2000円ちょっとの150メーター巻きを1年で1個消費するだけとなっています。昨年は1号で50メーターを二回分しか使っていません。

0.4~0.6号などの細いPEラインの場合は交換頻度がもっと上がるかもしれませんが、ナイロンラインのように期間が経つと劣化するのではなく釣行回数に比例して劣化していくので、釣行回数が少なめの人におすすめです。

またナイロンラインは水分を含むと収縮するので、そのままリールに巻きっぱなしにしているとスプールを痛めるという注意書きがあるリールもあるのでご注意ください。

 

以上、渓流ベイトフィネスのラインシステムの紹介でした。

ナイロンとPEは好みがあると思いますが、PEラインを試してみていない場合はぜひ使ってみてください。

PEラインについてはこちに詳しく書きました⇒渓流ベイトフィネスのPEラインについて

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-タックル関係

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2017 AllRights Reserved.