渓流ベイトフィネス

渓流ベイトフィネスのメリット

投稿日:

渓流ベイトのメリットはよく言われている事ですがアキュラシーと手返しだと思います。

スピニングよりも圧倒的なアキュラシーによって渓流を攻める事が可能になります。

スピニングタックルのデメリットについては後述しますが

バスフィッシングのトッププロ沢村さんも以下のように解説されてます。

スピニングタックルの構造上のデメリット
軽いルアーを繊細に使うフィネスアプローチにおいてまさに万能とも思われるスピニングタックルですが、 スプールへのラインの巻き方向(角度)を、 ベイルローラによって横巻きに変換すると言う構造に起因する宿命的な弱点が存在します。

その構造的な弱点とは
●キャスト毎に行なうベイルの返し&戻し操作は手返し効率の点で大きなハンデとなる。

●静かな着水や正確なキャストコントロールは決して容易ではない。
→人差し指を使ったサミングコントロールが最大の要因で、 特に超軽量ルアーでは指に掛かる断続的なライン放出コントロールはとても繊細で、 練習を重ねてきた上級者でもかなり気を使う物です。

引用元:http://www.karil.co.jp/baitfinesse/contents_1.html

初中級者の方は同じ時間スピニングとベイトで練習や釣りをした場合に、恐ろしいくらいのピン撃ちキャストの差が出てきます。

これはリールの構造上、グリップのすぐ上にあるベイトリールと少し離れて下にあるスピニングリールの差で、ロッドから離れて重さがあるスピニングリールはロッドを振る際に遠心力が働いてベイトよりもキャストがブレ易くなります。

そして、キャスト後の速度コントロール・着水コントロールのフェザーリング・サミングですが、スピニングリールのフェザーリングは離れた所のスプール付近にある放出中のラインを人差し指で触れてコントロールするのに対し、ベイトリールのサミングは手元にあるスプールもしくは浮いたラインに親指で振れるだけなので難易度が圧倒的にベイトの方が簡単です。

着水コントロールはもう圧倒的にベイトの方がスピニングよりも静かにできますね。コレはもう構造上、親指の腹でラインを触りながらサミングするのと人差し指の腹でフェザーリングをするのとの差で、スピニングで10の努力が必要だとしたらベイトなら3くらいの努力で出来るようになります。

ただ、ラインを止めるだけならスピニングのスプールエッジを人差し指で触ってラインの放出を止めるのと、ベイトリールのスプールの回転を親指で止めるのとでそんなに差はありません。

如何に飛んでいくルアーのスピードをコントロールできるか

この点については圧倒的にベイトの方が有利です。

ベイトリールの場合はスプールに軽く触れる事でスプールの回転を完全に止める事なく飛んでいくルアーのスピードを落とす事が可能です。

このサミングによって勢い良く飛んで行くルアーのスピードを落とし狙ったポイントへ静かに着水させる事が可能になります。

スピニングのフェザーリングで同様の事をやろうとするとベイトよりも遥かに難易度が上がります。

狙ったポイントに一発で距離感を併せて放り込むのとルアースピードを落としながら狙ったポイントへピンポイントに静かに着水させるのとでは後者の方が簡単に出来るようになります。

例えばですがカバーの奥にルアーを送り込みたい場合

勢い良く投げないとカバーの奥まで入らない

そんな場合は初速をつけて投げてからカバー手前でルアースピードを徐々に落としコントロールしながらカバーの奥に着水させる。

ベイトなら比較的簡単に出来るようになりますが、スピニングの場合はルアースピードの調整が難しいので一歩間違うとボサを突き抜けたり倒木にぶち当てたりしやすくなってしまいます。

更にもう一歩踏み込めば、キャスト後のラインコントロールもスピニングよりベイトの方が楽に調整可能です。

ちょっぴり高度な話になるので何を言ってるのかわからない人も出てくると思いますが、低弾道でルアーをキャストした時にサミングをする事によってラインの膨らみを抑える事が可能です。これによってスピニングよりもルアーそしてラインをより低弾道で飛ばす事が可能です。

例えば低いオーバーハングの奥にキャストしたい時

スピニングだとこのラインの膨らみを抑えるのが難しいので奥の奥まで入れるのが難しいです。ベイトならラインが膨らむのをサミングで抑えながらルアーの飛んでいくスピードさえもコントロールが可能なので奥まで入れやすくなります。

私はルアーの軌道だけじゃなく、ラインの軌道も気にしてキャストしています。

これによって枝と枝の間を通すような時にラインも枝に絡まる事なく奥まで突っ込む事が可能になります。

手返しについてはスピニングのベイルを倒すという動作が必要なくなりベイトリールのクラッチを切るだけになりますし、アンダーハンドやバックハンドでポンポンとポイントにルアーを放り込む事が可能なので手数が増えます。

 

渓流ベイトフィネスはブームだから、なんとなく格好いいからってやってるんだろ?

否ぁぁぁぁ!!!

渓流でベイトフィネスタックルはとても実用的です。

 

そしてこれが最大のメリットだと思ってるですが

渓流ベイトフィネスはキャストしてるだけでも楽しい

渓流ベイトフィネスは自己満、メディアに踊らされてるという意見もありますが、そんな事はなく上記のようにメリットだらけです。

あ・・・キャストしてるだけで楽しいのは自己満かwww

次の話はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
渓流ベイトフィネスのデメリット

 

 

 

The following two tabs change content below.
小川 義行

小川 義行

ベイトロッド専門メーカー Fishmanスタッフ&テスター 1978年生まれ 出身地:埼玉県 北海道在住 主に渓流ベイトフィネスでBeams blancsierra5.2ul、中・本流でBeamsLOWER7.3Lを使いトラウトを追いかけてます。 詳細はこちら

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

渓流ベイトフィネスの世界へようこそ 渓流ベイトなんて必要ねーよw そんな風に思ってた時期もありましたw スピニングのキャストに結構自信があってそんな風に思っていた私が酔っ払った勢いでFishmanのB ...

2

渓流ベイトのメリットはよく言われている事ですがアキュラシーと手返しだと思います。 スピニングよりも圧倒的なアキュラシーによって渓流を攻める事が可能になります。 スピニングタックルのデメリットについては ...

3

Fishman Beams sierra 5.2UL(ビームスシエラ)のインプレを書きたいと思います。 ※Beams sierra 5.2ULはBeams blancsierra5.2UL(ビームス ...

-渓流ベイトフィネス

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2018 AllRights Reserved.