テクニック

トゥイッチのやり方(渓流トラウト編)

更新日:

渓流トラウトのトゥイッチのやり方ですが

基本的にティップを小刻みに細かく振る事によってラインに緩急が生まれて、ミノーのリップがただ巻きより強く水流を掴んでバタバタとアクションします。

コツはラインの緩急で、張ったり緩めたりを細かく素早く行う事です。ラインを張りっぱなしだと思うようなアクションは出てくれません。

トゥイッチする事によってミノーがタダ巻きをするよりも激しく動きヒラを打ちます。

渓流のトラウトはこのトゥイッチ(トゥイッチング)のアクションによく反応するので定番のテクニックとなります。

ティップにある程度のハリがあるロッドの方がラインを張ったり緩ませたりしやすいのでトゥイッチもやりやすいです。

 

Fishman Beams Sierra5.2ULのトゥイッチの話

Fishman Beams Sierra5.2ULのティップはピン撃ちに特化させているロッドで軽いテイクバックでもティップがグニャリと曲がってしまうので一般的なカーボンロッドと同じトゥイッチのやり方をするとミノーが思いの外、動いてくれません。

なんだよこれシエラってトゥイッチ超やりずれえじゃん!?って使ってみて思った方も、店舗でシエラを触って振ってみた感じで柔らかくてアクションつけづらいんじゃないの!?って思った方も・・・安心してください。大丈夫できます。

私も最初はオールグラスソリッドの旧ULでトゥイッチが出来ませんでした。フィッシュマンテスターの佐藤さんに、トゥイッチ出来ませんよこれ~ トゥイッチ入れてもルアーがほとんど動かずにスゥ~っと手前に来ます。と相談した事がありましたw

その時に教えて貰った解決方法をシェアさせて頂きます。

通常のカーボンロッドならロッドを上方向に構えてティップを振るだけでトゥイッチが可能ですが、シエラで同じことをやるとティップがアクションを吸収してしまいミノーが他のロッドに比べると動きません。

Beams Sierra5.2ULでトゥイッチを行う場合はティップの先端でアクションを付けるのではなく、2番~3番ガイド辺りがティップの先端だと思ってアクションを付けるように意識して行って見てください。またロッドとラインとミノーをなるべく直線にして角度を付けないようにした方がよりアクションをつけやすくなります。

更に細かく動かしたいボトムでシェイクするような場合にはバットを震わせてやります。ロッドを振るというよりも、肘を支点にしてロッドと腕を一緒に上下に細かく動かすイメージになります。

この辺も言葉じゃ伝わらない部分もあるので動画撮ってきたいと思っています。

ミッド・ディープミノーのトゥイッチのやり方

リップが長いミッドダイバーやディープダイビングミノーでのトゥイッチは細かいトゥイッチではなく、ある程度の間隔を開けたトゥイッチ(ダート)になります。

感覚的には

ピッピッピッピッピッピッピッ

とピッ  ピッ   ピッ  ピッ

くらいの違いですね。

小刻みなトゥイッチで反応しない魚でもトゥイッチの間隔をあけてミノーを左右へ飛ばしてダートさせてると嘘みたいにヒットする場合があります。

渓流ならアイジェットリンクのブラストイットミノーが表層付近でかなりダートで左右に飛ばす事ができるのでぜひお試しください。

トゥイッチ応用編

最初から最後までトゥイッチし続けるのもいいのですが

最初にトゥイッチを入れて後はただ巻き

トゥイッチとタダ巻きを織り交ぜる

タダ巻きメインで時たまトゥイッチを入れる

タダ巻きメインでここぞというポイントでトゥイッチを入れる

などなどあります。

 

例えば

トゥイッチしててイワナがチェイスしてついて来てるけど食わない!もう目の前まで来ちゃう!そんな場合に最後タダ巻きでビューっと引くと食いつく事があります。(ブラウントラウトにはこのやり方はおすすめしません)

カバーに入れて魚に気がついて貰うために2~3回トゥイッチさせてから魚がミノーを食いやすいようにタダ巻きをするなんていう方法もあります。

ニジマスの場合はタダ巻きメインで時折トゥイッチを入れてミノーがバランスを崩した時にヒットしやすい印象があります。

フローティングのミッドディープミノーをアップクロスに投げて、岩が沈んでるポイントを通過する瞬間にトゥイッチを入れて魚にバイトさせるなんていう使い方もあります。

ちなみに個人的にはバカみたいにトゥイッチしてミノーを小さく暴れさせまくるアクションを好んでいます。ブラウントラウトにはこれがおすすめです。最近では7~9センチのフローティングミノーを多様していてドリフトさせながらまたにトゥイッチなど嗜好が変わって来て多様してます。

 

そして・・・

逆にトゥイッチをしないという選択肢もあります。

逆説的ですがトゥイッチをしない事によって釣れるシチュエーションがあります。

プールでトゥイッチで反応なくてタダ巻きで一撃で来たとかしょっちゅうあります。とある川ではトゥイッチよりもタダ巻きが釣れます。

なのでトゥイッチしかやらないみたいな攻め方ではなく、最後のキャストはタダ巻きをしてみたり変化をつけるようにしてみてください。

トゥイッチの練習におすすめなミノー

個人的にトゥイッチの練習におすすめのミノーがあります。

それはアイマのイッセンになります。

アップクロスに特化したミノーでロッドでアクションを付けた時のレスポンスが素晴らしいミノーです。

トゥイッチをすると簡単にヒラヒラバタバタとルアーが暴れてくれるので、ちゃんとトゥイッチが出来てるのかどうなのかとてもわかりやすいのでおすすめになります。

そして、イワナ、ヤマメ、ニジマス、ブラウン何でも釣れます。特にハイシーズンでの使用がおすすめです。

イッセンにはノーマルバージョンとMAXと2種類あります。

ノーマルバージョンはベリー&テールにスイベル式フックハンガー搭載

イッセンMAXはエイト環仕様になっているのでニジマスやブラウンそしてアメマスの大きいサイズがヒットする可能性がある場合にはイッセンMAXがおすすめです。

アイマさん、どうかゴーストアユカラーとエッグスポットチャートを復活させてください・・・

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-テクニック

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2017 AllRights Reserved.