テクニック

渓流ベイトフィネスのキャスティングでやってはいけない事

投稿日:

渓流ベイトフィネスのキャスティングでやってはいけない事を紹介します。

まずは腕を振るようにキャストをする。
肘を支点にして腕を使うような投げ方をするとアキュラシー(精度)が出しづらくなります。

そして、リリースの瞬間にグッと押し出す、力を入れる。
これをやるとバックラッシュしやすくなります。

素早いスイングでキャストするのもバックラッシュの原因となります。
見た目はカッコイイですけどね。
素早いスイングではテイクバックでティップ&ベリーを曲げきれません。

渓流ベイトフィネスではあくまで手首を使いテイクバックでロッドのティップ&ベリーを曲げて、その反発力でキャストするのがコツとなります。

テイクバック時に手首を止めるのも重要になります。
言い換えれば手首を返しすぎない。
手首を返せば返す程、ロッドは曲がりません。

手首だけを使ってというと腕を真っ直ぐに伸ばしてしまう方がいますが、それもダメです。
あくまで肘を曲げた状態で手首を中心に使い肘は使ったとしても僅かに動くくらいとなります。

テイクバックよりも前へ振るスイングの方に力が入っているのもダメです。
力加減は必ず、テイクバック > スイング になるようにしましょう。

渓流ベイトフィネスのキャスティング方法についてはこちらを是非ご覧下さい。
渓流ベイトフィネスのキャスティング方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

渓流ベイトフィネスの世界へようこそ 渓流ベイトなんて必要ねーよw そんな風に思ってた時期もありましたw スピニングのキャストに結構自信があってそんな風に思っていた私が酔っ払った勢いでFishmanのB ...

2

渓流ベイトのメリットはよく言われている事ですがアキュラシーと手返しだと思います。 スピニングよりも圧倒的なアキュラシーによって渓流を攻める事が可能になります。 スピニングタックルのデメリットについては ...

3

Fishman Beams sierra 5.2UL(ビームスシエラ)のインプレを書きたいと思います。 いや メーカーテスターのインプレとかただの宣伝だろ! はいその通りですw だけど、そんな事を言わ ...

-テクニック

Copyright© 渓流ベイトフィネス , 2018 AllRights Reserved.